機能性分散体とは

トーヨーカラーの分散技術は、顔料などの色材にとどまらず、機能性材料の分散にも広く用いられています。機能性材料とは、光学、電気伝導性、熱伝導性などの物理的・化学的な性質をもち、さまざまな機能を発現させる材料のことで、私たちの身の回りにある多くの製品に使用されています。

たとえば世界中で使われているスマートフォンやタブレット端末などは、画面をより明るく、鮮やかにしたり、接触の感度を高めたりするために、ディスプレイの内部や表面に機能性材料が用いられています。また、品質を長く保つため水蒸気や酸素を遮断する食品パッケージのフィルムや、人体に有害な紫外線をカットするフィルム、本来電気を通さない樹脂製品に導電機能を付与し、金属代替物として軽量化に貢献するなど、あらゆる製品の機能性を向上させ、付加価値を高めるために欠かせない材料となっています。

一般的に、機能性材料は、構造物の表面や界面に塗ったり、混ぜ込んで分散させたりすることで、その機能を発揮します。より軽く、より薄く、より高機能な製品への進化を実現するためには、高度な分散技術が欠かせないのです。

お問い合わせ

トーヨーカラー株式会社
機能材料営業部
TEL : 03-3272-0956