高濃度カーボンブラック分散体

高濃度カーボンブラック分散体は、遮光フィルムや機能性テープなど、高遮光性や高隠蔽性、高着色性、導電性、帯電防止性が求められるさまざまな分野に使用できます。
トーヨーカラーの高濃度カーボンブラック分散体は、独自の表面処理技術と分散剤により、分散剤含有量を従来より低減することで、カーボンブラックの高濃度化を実現しました。ご使用時の組成設計自由度の向上に貢献できます。

特長1:均一な分散による高い安定性

右グラフは、高濃度カーボンブラック分散体の粒度分布です。
カーボンブラック粒子が均一に分散されており、経時でも非常に良好な安定性を発揮します。

高濃度カーボンブラック分散体の粒度分布

特長2:極めて滑らかな表面塗膜を形成

右図は、高濃度カーボンブラック分散体を塗布し、熱硬化を行った際の塗膜の表面粗さの測定結果です。凹凸差が10nm以下の非常に平滑な塗膜が形成され、かつ導電性が得られます。

高濃度カーボンブラック分散液による塗膜の表面粗さ

特長3:高い遮光性と漆黒性

高濃度カーボンブラック分散体は、薄膜塗布でも高い遮光性・漆黒性を得ることができます。

遮光性(全光線透過率)

  全光線透過率
塗膜中のカーボンブラック濃度 30wt% 40wt% 50wt% 60wt% 70wt%
膜厚 約1μ 0.76% 0.14% 0.02% 0.00% 0.00%
膜厚 約2μ 0.01% 0.00% 0.00% 0.00% 0.00%
膜厚 約4μ 0.00% 0.00% 0.00% 0.00% 0.00%

樹脂溶液と混合して塗膜を作製

全光線透過率 0.00%は測定下限以下を示します。

漆黒性 (OD値)

  OD値
塗膜中のカーボンブラック濃度 30wt% 40wt% 50wt% 60wt% 70wt%
膜厚 約1μ 2.13 2.83 3.66 4.00< 4.00<
膜厚 約2μ 3.85 4.00< 4.00< 4.00< 4.00<
膜厚 約4μ 4.00< 4.00< 4.00< 4.00< 4.00<

樹脂溶液と混合して塗膜を作製

測定範囲は0.00~4.00

組成例

溶剤 MEK 酢酸エチル IPA
不揮発分(%) 33% 35% 35%
カーボンブラック濃度(wt%) 30% 30% 30%
分散剤濃度(wt%) 3% 5% 5%
粘度(mPa・s) < 150 < 50 < 50

記載の組成、測定値は代表値であり、保証値ではありません。

種々のバインダーや低沸点・高沸点溶剤への対応が可能です。

お問い合わせ

トーヨーカラー株式会社
機能材料営業部
TEL : 03-3272-0956